デッキ構築 編

毛の生えたシリーズ
06 /27 2016

黒ウィズはデッキを作って自己満足するゲームだと思っています。

その為には手持ちの全ての精霊の性能を把握するのが理想です。

実際はそんな大変なこと出来ないし
よく使う精霊ばかり覚えがちなのでその都度確認するわけですが。


さて、初心者に毛が生えたぐらいの人向けに紹介したいのは大きく2つのやり方です。


①クエストに合わせる

1つ目は挑戦するクエストに合わせてデッキを作るやり方です。

その為にはクエストの特徴を把握する必要があります。

クエストは基本的に4戦で構成されているので、その中のどこに対策するかということです。

例えばダメージブロックを使う敵が出るとして
高火力で突破するのか解除スキルを使うのか。またはダメブロが切れるまで耐えるという選択肢もありますね。

鉄壁には連撃ASやSSの多弾魔術、毒など。


それが出来る精霊をまず決めて
残りの枠に入れる精霊で他の敵をカバーしましょう。

ここは②の方法と共通です。


また、序盤の敵の攻撃が緩いならチャージスキルを使ったりスキルやチェインを溜めます。

逆に序盤の攻撃が激しいなら初速の出る特効ASや大魔術SSで素早く倒すか
2t目に使える遅延、回復などのSSを使いましょう。




②相性の良い精霊を組み合わせる


2つ目は相性の良い精霊を組み合わせるやり方です。

例を挙げると

デッキの副属性や種族を揃える

これは潜在能力的にも有効な場合があります。


快調スキルや自傷スキルと継続回復



全体攻撃とダメージ強化



高チェインで効果値アップとパネルにチェイン付与や斬撃大魔術


パネルの色数で効果値アップとパネチェンや見破り



などたくさんありますね。
プレイヤーそれぞれで好きな組み合わせもあるでしょう。

ある精霊の良さを発揮させるためにフォローするか
欠点を補うためにフォローするかといった考え方で良いと思います。


潜在能力にも気を配れるとなお良いですね。

素の状態では極端にHPの低い精霊も


種族指定のある潜在能力によって大きく向上させることが出来ます。


自分のデッキを


大きく2つの組み方を紹介しました。

当然ですが②のやり方だとクリアできないクエストがあります。

一番良いのは①と②を同時に満たすデッキでしょうか。

とは言えサブクエまでクリアできればどんなデッキでも構いません。


自分で考えてデッキを組むようになると一段と楽しいと思います。

また、例えば誰かの紹介するデッキをそのまま真似できなくても
そのデッキの狙いさえ分かれば自分の手持ちで代替できる場合も多いです。



毛の生えたシリーズに戻る

人気ブログランキングに参加しています。
魔法使いと黒猫のウィズランキングへ
スポンサーサイト

強化・進化 合成編

毛の生えたシリーズ
06 /27 2016
強化合成

ここで出来るのは精霊のレベルアップや潜在能力解放、潜在結晶の付け外し…
と基本的な事は分かりやすいサイトを見てください。


強化合成画面の右上に合成結果が表示されますよね。


この部分をタップすると、その精霊のレベルMAXまでに必要な経験値が表示されます。



進化段階ごとの必要経験値は

A…19,564
A+…35,620
S…63,204
S+…103,931
SS…170,905
SS+…254,715
L…340,153


長くプレイしている方はほとんど覚えていると思います。
私はS以外は大体+1,000程度でうろ覚えです。

当然、なるべくピッタリの経験値で強化するのが無駄がなくて良いです。

とは言え1,000や2,000程度なら気にする必要は無いでしょう。

端数の調整は雑魚敵を使うのがお勧めです。




進化合成

レベルをMAXに強化した直後
(潜在フル覚醒時も?不明瞭)
は進化合成画面に移らなくても進化できます。


これを利用して
同キャラを重ねるタイプの精霊を少しだけ効率良く進化させることが出来ます。


まずは最終進化に必要な枚数を集めて
初期ランク1体を先述した通りレベルMAXにして進化させます。

便宜上(1)とします。
その後レベルは上げません。



次に別の初期ランクを同様に進化させます。
(2)と呼ぶことにします。



こちらは進化後にレベルMAXにして先ほどの(1)を素材にして更に進化させます。

(2)がS+に進化しました。レベルは上げません。


今度は別の初期ランクを使って先ほどと同じようにS+をもう1体作ります。

同様にそのままレベルMAXにして(2)を素材にしてSSに進化させます。



以降は同じ手順を繰り返します。

要は
1つ上のランクに進化したら次はそれを素材にする
ということです。
後から作った方が残っていく感覚です。



この方法の良いところは進化させた後に
そのまま強化する対象を変えずに続けられることです。

↑上記の方法で進化した直後。
強化する対象がセットされたままなので強化素材を選ぶところからスタートできます。


強化合成画面から出ずに最終進化させることが出来ますね。




順番


ところで進化合成画面では
進化素材にする方(いなくなる方)は自動で選ばれます。

進化素材が複数ある場合は
より若いページのより左上
に位置するカードが優先されます。

これはベースにするカードの方が右側にあっても同じです。



そのため↑のように

「せっかくレベルをMAXにしたのが無駄になる…」

と困ったことは誰しも1度はあると思います。

そういうときは

ソートの種類や昇順/降順を変える



もしくは

お気に入り登録



保管庫に移す
ことで素材の対象から外しましょう。



毛の生えたシリーズに戻る

人気ブログランキングに参加しています。

魔法使いと黒猫のウィズランキングへ

初心者向け記事

考えてみたこと。
06 /27 2016

黒ウィズの世界へようこそ。



攻略サイトに載っている手順を踏みましょう。
大手攻略サイト

GameWith



リセマラ~ストーリー中盤の落ち着くところまで位はサクサク進めるはずです。

個人的にはこのゲームにリセマラは必要無いと考えています。
それよりも早く始めてイベント入手の精霊を揃えていく方が重要です。



何か分からない用語や疑問があれば検索しましょう。
たいていどこかのサイトがヒットします。

『初心者向け情報』『序盤の進め方まとめ』『解説ページまとめ』(全て原文ママ)
などは一度目を通しておくことをお薦めしますが、
はじめのうちは「そんなものがあるんだ~」程度で構いません。



ガチャは引きたいものを引きましょう。
クリスタルは進めていけば無料で大量に入手できます。
ガチャの引き時は確かにあると思いますが、それを判断できるのはだいぶ先です。

また次から次へと優秀な精霊が登場するので引き渋っていたらキリがありません。
ただし手持ちの数は限度があるので無駄に引く必要もありません。

このゲームは入手しやすい上に優秀な精霊が数多く存在します。
通常ステージやイベントクエストをクリアする際には期間限定のガチャ産精霊は嬉しいおまけ程度に考えても大丈夫です。



まずは通常ステージを進めながら主人公のレベルを上げましょう。
レベルが低いうちはどれだけガチャで強い精霊や魅力的な精霊を引いても
デッキコストの都合で100%は使いこなせません。
同じ理由で入手した精霊はすぐに最終進化させず、コストに収まる進化段階で使いましょう。



とにかくやってみましょう。
長々と書いてしまいましたがもちろんここに書ききれない情報の方が多いです。
その辺は攻略サイト様を参照して欲しいのですが、まずは
ゲームを進めてみてつまずくことがあれば調べる
といった感じで良いと思います。

ある程度手持ちの精霊が増えてくるとデッキを組む楽しさも味わえますが
まずはクイズに答えてクエストをクリアしたりカードのイラストやボイスを楽しみましょう。


初心者に毛が生えた程度になった方は
コチラをご覧ください。




魔法使いと黒猫のウィズランキングへ

パネルの選択 編

毛の生えたシリーズ
06 /27 2016

基本的な仕様はゲーム内チュートリアルや大手攻略サイトを見てください。



複色パネルを答えることでその後単色が出やすくなります。
その為やり直しやすい初戦やASを逃しても持ち直しやすいターンに処理しましょう。




パネルの仕様


①難易度

クエストごとに1~3色パネルの出る割合(=難易度)がそれぞれ決まっているようです。



②パネルの決定

またその割合を元にパネル30枚がクエスト開始時に決定され、
戦闘開始時にその中からランダムに4枚出てくるようです。


以降は1枚ずつ補充されていく感じですね。
道中抜けた際の残り3~4枚がどうなるかは知りません。

30枚パネルが出たら次の30枚がセットされるようです。
通信が入って少し止まるあれです。


因みに難易度アップ/ダウンの潜在能力や潜在結晶は①の段階に

パネルブーストによる色の変化は②の段階に影響があるようです。


実例

難易度に関して例えば魔道バーニングの分裂編を見てみましょう。
助っ人含め難易度アップ/ダウン要素はありません。



全て単色ですね。
練習用のクエストなのでパネルの難易度を低く設定してあるのでしょう。


次にオゥランディ15-4の場合を見てみます。
先ほどと助っ人含め全く同じ面子です。
違いは一目瞭然ですね。
正直ここまでとは思いませんでした。



このように30枚決まったパネルを消費していくので、
単色ばかり答えていると残った複色パネルに囲まれる
わけですね。

単色パネルがあってもあえて得意ジャンルの2色を踏む。

何だか初心者に生えた毛が長くなった気がしますね!



クエスト/レイド初ターン

例えば火デッキでの開始ターンに

このようなパネルだったとします。

単色を踏みたいところですが…
次のターンに来るパネルが他色だったり複色だった場合、少し嫌ですよね。


初ターンはHPが減っていないため、
AS回復が無駄になります。

対して2ターン目は敵の攻撃を受けているので
ASを発動して回復する必要があります。


誤答やASを逃す危険性を考えると
2ターン目に確実に単色を残しておきたいところです。


これが高難度レイドであれば尚更で、2t目に複色が来て全員誤答→壊滅
の危険性まであります。

ホストが単色を残して初ターンに複色を踏むのは
そうしたリスクを回避するためです。


2t目に使えるSS回復や見破り、パネルチェンジを使える精霊がいれば
こうしたリスクは減りますね。


ただし敵の攻撃が激しい場合は逆に
1t目に単色で確実にASを発動させて
敵の数を減らした方が安全な場合もあります。

また、あえて複色を踏むという行為は受け入れられない場合もあります。
ジャンルや正答率との兼ね合いでうまくやりましょう。




見破りを使うタイミング

では見破りを連れてきたとして再びこの場面。

どのパネルを踏みますか?

ここまでの内容から3色を見破るのが良さそうです。


でも私なら2色を踏みます。

問題と選択肢を見て
分からなかったりASを逃しそうなら5秒以内に見破りを使います。


分かりそうなら自力で答えて見破りを温存できますからね。


もちろん3色でも良いのですが、
2色の方が自力で分かる確率が高いですからね。




ところで先ほどのオゥランディ15-4でのパネル内訳は

単色…14
2色…9
3色…7

という具合でした。


16問も複色パネルがあると考えれば気後れしそうですが

適度に2色を挟んでいけばほとんど単色のみでクリアすることも珍しくないと思います。


また、

誤答のリスクを減らすためには問題を解く回数を減らすこと

です。
複色が出る前にクリアすれば良いんです。

上級者の方が最速クリアを目指すのは
そうした意味でも理にかなっているんですね。


毛の生えたシリーズに戻る

人気ブログランキングに参加しています。
魔法使いと黒猫のウィズランキングへ

私はきっと2人目だから…

考えてみたこと。
06 /27 2016

梅雨入りしてから雨が多いですね。
濡れた髪や体は早く乾かさないと風邪をひいてしまうので注意ですよ。


そう、私みたいに…(T_T)



さて、実は以前別のアカウントでプレイしていたことがあります。

アイヴィアスが実装された直後です。

ガチャの目玉はサクヤだったのを覚えています。






登場する精霊も今と全く違う顔ぶれでした。



御三家であるサンダードラゴン




楽器を持った女の子や



狼さん


をよく使ってました。



今ほど有能な精霊が多くなく、
一握りのレアキャラを入手しなければ
アイヴィアスのステージが抜けられなくてしばらく放置していました。

(最も、私のプレイングやデッキ構築が稚拙だったのは言うまでもありません)



その後iPhoneを初期化した際に一緒にアプリも消えました。


1ヶ月くらいはプレイしたんじゃないでしょうか。

クリアできずにつまっていたので、あまり良い印象を持っていませんでした。




そして月日は流れ、2015年10月。

友達が黒ウィズをやっていると言うので
久し振りにやってみるかとDLしました。


あまりの変わり振りに驚きました。


光闇属性の実装済み
(と言うかまず副属性実装済み)






レアリティL実装済み
(前の私の時はSだったかな?)





多種多様なスキルの実装済み
(敵味方ともに)




そしてイベントの多さですね。

ドルキマス、ロストエデン、天上岬1&2、
コナン

さらにアビスコードやブレイダー…


年末年始はあまりの多さに辟易した覚えがあります。


今では嬉しいんですけどね。
当然ですが当時は今より手持ちが貧弱で

クリアできなかったからというのも一因です。




やがて達成できるサブクエも増えてきて、
白黒グリココラボ辺りからはイベントコンプが出来ることも増えました。


手持ちが増えて来て、
デッキのバリエーションが豊かになると満足感がありますよね。


勿論、雷と水のカウンターなど
まだまだ持っていないスキルの種類はいくつかありますが…。



そして現在、
最後の(?)エリアが実装されるようですね。




ストーリーが完結するのか、
その後の黒ウィズはどうなるのか…


先のことは分かりませんが折角復帰してブログも始めたことですので、
なるべく長く続いてほしいものです。






人気ブログランキングに参加しています。

魔法使いと黒猫のウィズランキングへ

協力バトル 編

毛の生えたシリーズ
06 /27 2016
2人協力バトルと5人協力バトル(通称:レイド)の2種類があります。

ここではレイドバトルの話をします。
2人協力については例のごとく有名サイトを参考にしてください。


強化・進化素材集め

神樹やカメオン、魔道書や経験値を集めるにはレイドを利用すると効率が良いです。

魔力を消費しないことや1度のプレイでたくさん貰えるのが良いですね。



タブー


基本的にどのレイドでもやってはいけない行動があります。

以下に述べるのは全国レイド(通称:野良)においての話です。
仲間うちで行うレイドでは話し合って好きなようにすれば良いと思います。


①全滅

基本的にゲームオーバーはダメです。
そもそも自分が損するだけです。

また敵のHPがこちらの人数によって増減するので全滅すると他の人に迷惑ですね。

推奨属性以外で臨むのも死にやすいので基本的にはやめておきましょう。
難易度が低かったり特に有効な精霊であれば別ですが。


②テンプレ部屋

レイドバトルでは特定の精霊を使った倒し方の指定のある部屋があります。

境界の修練場での火闇2ターンと火闇3ターンや
複色部屋などがそうですね。


ホストの方のコメントにこの旨の記載があった場合はそれ以外のデッキで参加してはいけません。

また
「完全にテンプレと同じ精霊ではないけど似たような性能だし、黙って入れちゃおう!」

というのもやめるべきです。
失敗する可能性が増えるからです。

「違う精霊を使った方がターンが縮まるかも?」

と思う人もいるかもしれませんが

テンプレ部屋はそのメリットを捨ててでも安定して成功すること、
多くの人に周知され募集が容易なことを目的としたものです。


③スキルの上書き

チェイン保護やガード(軽減)、ダメージ強化(エンハンス)、カウンターやパネルに効果のあるスキルなどは2回目以降の使用で上書きされます。

既に発動しているスキルを効果値や継続ターン数の低いスキルで上書きしてはいけません。

ただし状況によってはその限りではありません。

例えば他の人が3色変換した後に自分が軽減効果付きの2色変換をする場合

2巡目以降にチェイン+パネルを別の効果に書き換える場合などですね。


また複数回パネチェンを使うときも
上書きされることを考えた順番で使うべきです。

同ターンに使うなら左→右の順に使いましょう。


④スキル反射以外の敵の反射行動

過去にあったエヴァンゲリオンやSoul of Kingsでは
スキル反射無視であっても特定のスキルを使うと敵が反射行動をしてきました。

「!」と表示されるあれですね。

せっかくの反射無視なのに何だか納得がいきませんね。

特定のレイドでしか起きないことなので基本的に気にする必要はありませんが、
そういうレイドに参加する際は注意ですね。




左上を残す

同ターンに複数のスキルを使うプレイヤーのために

なるべく左上の単色パネルは残しておきましょう。

パネル選択時間が尽きてしまうと自動的に左上のパネルが選ばれます。

仮にパネル選択が間に合わなくても問題ないようにしておきましょう。



参加しましょう

ここまでたくさんのことを表記したせいで
「レイドに参加しづらい」
とか
「迷惑をかけたらどうしよう」
と思われるかもしれませんが、

とにかく参加してみましょう。

意外と皆さん優しいですよ。


失敗して覚えるのも大事だと思います。
誤答やうっかりタブーを犯しても謝れば良いんです。

誰かが経験したからこそタブーがあるのであって、失敗しない人なんていません。


そもそも野良でプレイする以上他プレイヤーの行動を制限することは出来ません。
自分の思った通りに事が運ばない時の方が多いです。


また、クリア出来なかったとすればそれは5人全員の責任です。

全員でカバーしてこその野良レイド。
「ハプニングを楽しもう」くらいの心持ちで参加するべきなのかもしれません。


Twitterや掲示板での募集に初心者である旨を伝えて参加するのも良いでしょう。

ゲーム内プロフィールコメントでも
「初心者だけどOK?」
など書いて
「参加OK?」
と発言してみれば良いんじゃないですかね。


そもそも楽しむ為のゲームですから、
あまり心配せずにマイペースでやれば良いと思います。


毛の生えたシリーズに戻る


人気ブログランキングに参加しています。
魔法使いと黒猫のウィズランキングへ

ブログ始めました

考えてみたこと。
06 /26 2016


初めまして。アクセス頂きありがとうございます。
このブログでは魔法使いと黒猫のウィズに関することを書き連ねていきます。

このブログについて簡単にまとめると、

「毒にも薬にもならないブログだよ!」

「時系列めちゃくちゃで不定期更新だよ!」

「時間があって死ぬほど暇な時に読んでね!」
です。

これが理解できれば以下は読まなくて結構です。










まずお伝えしておきたい事は、
このブログは私の個人的な感想や呟きをまとめたものでしかないということです。



黒猫のウィズは多くの方や企業さんが
攻略やまとめのブログ、サイトを運営されていますよね。



私にはそんな大変なこと出来ません。

出来るのはいちプレイヤーとして感じたことを
文字にすることだけです。




また、私がこのゲームについて知っているのは
2015年の10月頃以降のことです。


未だプレイ歴は浅く、
知識も普通のプレイヤー程度かそれ以下です。


魔道杯もまともに走れたことはほとんどありません。


その為、上級者の方は
「俺もこんな頃があったなあ」とか
「こいつ、まだまだだなww」と

初心者の方は
「こうはなりたくないなあ」

という風に思いながら読んで頂けたらと思います。




また、記事の内容も時系列めちゃくちゃです。

手の空いているときに書きたいことを書こうと思います。




さて、なぜそんな毒にも薬にもならないブログをやろうと思ったのかですが。

一言で言えば「自己顕示欲があるから」です。

大した腕ではないけど、黒ウィズにのめりこんでるんです。

その思いを誰かに伝えたいのですが、
周りに黒ウィズユーザーがほとんどいません。



それでTwitterを始めたのですが、
流石につぶやく回数が多すぎるなと自分で思いました。

ご迷惑をおかけしたフォロワーの方々には申し訳ありませんでした。

こうしてブログにすることでいつでも見られれば、過去に遡って読めますし
つぶやきの回数も減るのではと思っています。






長くなってしまいました。
自分はこんなに文章が下手だったのかと
大変驚いております。

それではどうかよろしくお願いします。




人気ブログランキングに参加しています。

魔法使いと黒猫のウィズランキングへ

女将さん

こんなブログです
ツイッターはコチラ
ニティアにアサギにヤネットが好きです。