夏に咲く君へ ハード

クリアデッキまとめ
08 /19 2017
20170819005338102.jpg

サーヤイベント。(?)

20170819005952941.jpg
聖夜イベのように1年単位で進むんですかね。
テオは重傷で倒れたまま半年以上が過ぎましたが。



20170819010355666.jpg
3つとも15ターン以内にクリアノーデスです。

最近はサブクエにターン制限がつくことが多くなりましたね。
耐久で良ければデッキの構築難度は低くなるので
こうして速いターンのクリアを目指すとなかなか難しいです。



通信簿級
20170819011606100.jpg
ハローラ、ツバキ、ユッカ、コピシュ、アルドベリク
20170819011610275.jpg

鬼門でした。

20170819012726159.jpg
1時間くらい試行錯誤してました。




夏休み級
20170819014445106.jpg
ラギト、カヌエ、ミコト、アデレード、ツクヨ

通信簿級に比べると好きなキャラを連れて行ける程度には簡単でした。
ラギトの狂暴化が適したクエストです。

20170819014832433.jpg
ギリギリですけどね。




登校日級
20170819015122205.jpg
英雄凱旋、紬姫、アリス、アリス、エリカ

私の持つ4体の魔道杯総合報酬のうちの1体、英雄凱旋。
15ターン以内というのは短そうで長いため、重チェインのアタッカーが活躍します。





何と言っても通信簿級の難しさが印象深かったです。

20170819022323554.jpg
素材を集める周回は断念したので向日葵のまま終わりました。

考えてみればボスのドロップと同じなんですけどね。
ボスのドロップもエクストラや2人協力が無ければ嫌ですけど。


人気ブログランキングに参加しています。
魔法使いと黒猫のウィズランキングへ
スポンサーサイト

協力討伐クエスト X MISSION

考えてみたこと。
08 /19 2017
20170817084203214.jpg

また特殊な仕様のクエストですね。

20170817085318265.jpg
こんな感じで他人の遭遇したクエストに参加するんでしたね。


20170817092510118.jpg
自分で遭遇する時はちょっとドキッとするSEが鳴りました。


火推奨 460万ダメージくらい
20170817093856597.jpg
ニンブルウィット、スモモ、リルム、アスモデウス、ニレイヌ。

リルムとアスモでHPを1にして旧ニレイヌで4ターン遅延をかけました。

スモモの激化は4回しか撃てないのでもう少し良い方法があると思います。



雷推奨 400万ダメージくらい
20170818234634996.jpg
ノイン、リリー、アリス、ケイトリン、エリス

単色で。ノインには時限短縮の結晶を着けています。





20170819000213324.jpg
15回ずつ倒してノトリアス、デイブレイクともに1体ずつ確保しました。

結晶も完成したのでここまでにします。
欲しい人は40体まで倒せば最大3体ずつ貰えます。



さて、このイベントも賛否両論が大いにあるみたいですね。

自分が戦闘に参加しさえすれば他人が倒しても討伐にカウントされるので
あまりダメージを与えずに放置する人がいて
まともに攻略する人からすれば不満がある、といった感じですね。

恐らくユーザーによって手持ちの精霊が違う中で
高ダメージを与えられる人はそうでない人の分も助けて…
といった方向性だったのかなと思います。

でも確かに
討伐のレベルが上がって敵HP1億以上にもなる中で
0ダメージのプレイヤーが多数並んでるのは少し気分が悪かったですね。

もちろんユーザーによっては
「2時間後に戻ってきて周回しよう」 という人もいたでしょうから
見た時点で0ダメージの人を一概に寄生プレイヤーだと断定することは出来ませんが。


個人的にはその辺が良くなかったかなと思うものの
まあ普通に新しい試みとして評価できたと思います。

最悪自分だけで周回すればある程度のレベルなら倒せましたし。
ルール上では寄生もダメではないですからね。
手持ちの違いもありますし。

最後まで報酬が欲しい人は頑張ればいいし、
そうでない人はやらなきゃいいんですよ。


もしも次回以降のイベントで同様のクエストがあるならば
フレンドの依頼に入れるようにすると良いのかな?と思います。


人気ブログランキングに参加しています。
魔法使いと黒猫のウィズランキングへ


黄昏メアレス 時系列

ストーリーまとめ
08 /04 2017
ひとまず文章だけ。

月曜日にまた更新する予定です。


そのうち更新します。




「ロストメア」
は誰かが抱いて捨てた夢が魔力を得て実体化したもの。
夢と現実の狭間である都市「ロクス・ソルス」を通って、現実に出ようとする。


ロストメアが都市の出入口にある門をくぐって現実に出るとその夢が実現され、世界の理が壊れる。


門が開くのは黄昏時のみであり、これを阻止しロストメアを倒す人々を「メアレス」と呼ぶ。


ロストメアの叫びは夢を見る人の敵意を削いでしまう。そのため、メアレスとなれるのは夢の無い者だけである。


黒猫の魔法使いは違う異界から来たため、夢を持っていてもロストメアと闘えるようだ。







100年以上前?

アストルム一門が呪文や魔法陣による絡園への干渉技術(魔法)を編み出す。


ディルクルムが身内によって命を断たれる。
その後魂として絡園に至り、最初の園人となる。


ディルクルムが
「願いの融け合う森」
を作り、人々が魔法を失う。


ロストメアが生まれる。

ディルクルムがロードメアを封印する。

ディルクルムが現実の人々に
「狭間の地に通じる穴」
の存在を教える。


ロストメアが現実に出るのを防ぐ砦として都市
「ロクス・ソルス」が築かれる。


人々が穴に門(デュオ・ニトル)という形を与え、魔匠を施す。
黄昏時のみ物資と人の安定した行き来が可能になる。


メアレスとしてロストメアを倒す人々が現れる。

アフリトがこの異界に現れ、外の国とメアレスとの関係を取り決める。


ラギトがメアレスとなる。

リフィルが都市に来てメアレスとなる。


Ⅱの1年8カ月前


ミリィが都市に来てメアレスとなる。


Ⅱの1年半前

ルリアゲハ、ゼラード、コピシュが来てメアレスとなる。

ネブロの娘がリフィルに助けられるが命を落とす。

ネブロが命を落とし園人となる。


メアレスⅠ

黒猫の魔法使い来訪。

かつてアストルム一門が願って捨てた
「魔道再興の夢」(ミスティックメア)
がロードメアの封印を解放する。

毒を持つロストメアを倒したゼラード、リフィルが夢を見させられる。
ゼラードはメアレスとして戦える身体でなくなる。

ミスティックメアがアストルムの秘儀で都市全域の魔力を集め、門をくぐろうとする。


ミスティックメアにリフィルと黒猫の魔法使いでとどめを刺す。

黒猫の魔法使いがクエス=アリアスに帰る。

ネブロの娘が見た
「リフィルと友達になって一緒に魔法を使い人々を助ける夢」
がピュアメアとなる。
リフィルが一瞬見た
「黒猫の魔法使いのようにみんなを助けて好かれる夢」
も取り込む。

リフィルはじめ主要なメアレスがピュアメアを倒す。

フムト・アラトがピュアメアの魔力から妖精リピュアを生み出す。



メアレスⅡ

黒猫の魔法使い来訪。

徒党を組み連携する5体の人擬態級ロストメアを辛うじて食い止める。
ラウズメアが門の力の一部を引き出す。


メアレス達がアイアンメアを倒すがラウズメアを取り逃がす。

ラスティメアが病院で死者を操る。
その力でゼラードが復活する。

ラスティメアがかつてミスティックメアの張った魔法陣を復元する。


妖精リピュアがメアレス勢と合流する。

レベルメアの力で門から魔力が逆流、都市全体が門になる。


「全てのロストメアを消す夢」
であるアイアンメアが魔法陣を改変、魔力を奪う。


アイアンメアがラスティメアを倒す。

ラウズメアが自らの命と引き換えに門の魔力をロードメアに渡す。


ロードメアが夜を導き、時間を稼ぐ。

ロードメアが魔法陣を更に書き換え、黒猫の魔法使いと主要メアレス勢が黄昏の力を得る。


メアレス勢がアイアンメアを倒す。



メアレスⅢ

ロードメアが次第に蘇る記憶を辿ってレベルメアと共に絡園に向かう。


ロード、レベルがアーレスと対峙し敗北。
ネブロがレベルメアを逃がすがロードメアは捕らわれる。



主要メアレスのうち女性陣が門から伸びる細い秘儀糸を辿って都市の外を探索に出る。


2週間後、来訪した黒猫の魔法使いと合流する。

願いの融け合う森にてピースメアと出会い、道案内に従う。


アーレスと対峙する。
劣勢の中、ネブロが一行の魂を絡園に呼び寄せる。


レベルメアが絡園の魔法陣に干渉し、アーレスを遠ざける。


リフィルとリピュアがネブロと対面、全ての真実を知る。


黒猫の魔法使い、ルリアゲハ、コピシュ、ミリィがレベルメアのかけらの案内でロードメアと合流する。


レベルメアがアーレスと対峙する。
善戦するがロードメアを模したオプスクルムの前に敗れ消滅する。


操られたピースメアを黒猫の魔法使い達が倒す。

リフィルらと黒猫の魔法使い達全員が合流する。


一行がディルクルムと対峙する。
圧倒的な力の前に敗北。

ネブロが自分以外を逃がして闘うが敗北し消滅する。



女将さん

こんなブログです
ツイッターはコチラ
ニティアにアサギにヤネットが好きです。