強化・進化 合成編

毛の生えたシリーズ
06 /27 2016
強化合成

ここで出来るのは精霊のレベルアップや潜在能力解放、潜在結晶の付け外し…
と基本的な事は分かりやすいサイトを見てください。


強化合成画面の右上に合成結果が表示されますよね。


この部分をタップすると、その精霊のレベルMAXまでに必要な経験値が表示されます。



進化段階ごとの必要経験値は

A…19,564
A+…35,620
S…63,204
S+…103,931
SS…170,905
SS+…254,715
L…340,153


長くプレイしている方はほとんど覚えていると思います。
私はS以外は大体+1,000程度でうろ覚えです。

当然、なるべくピッタリの経験値で強化するのが無駄がなくて良いです。

とは言え1,000や2,000程度なら気にする必要は無いでしょう。

端数の調整は雑魚敵を使うのがお勧めです。




進化合成

レベルをMAXに強化した直後
(潜在フル覚醒時も?不明瞭)
は進化合成画面に移らなくても進化できます。


これを利用して
同キャラを重ねるタイプの精霊を少しだけ効率良く進化させることが出来ます。


まずは最終進化に必要な枚数を集めて
初期ランク1体を先述した通りレベルMAXにして進化させます。

便宜上(1)とします。
その後レベルは上げません。



次に別の初期ランクを同様に進化させます。
(2)と呼ぶことにします。



こちらは進化後にレベルMAXにして先ほどの(1)を素材にして更に進化させます。

(2)がS+に進化しました。レベルは上げません。


今度は別の初期ランクを使って先ほどと同じようにS+をもう1体作ります。

同様にそのままレベルMAXにして(2)を素材にしてSSに進化させます。



以降は同じ手順を繰り返します。

要は
1つ上のランクに進化したら次はそれを素材にする
ということです。
後から作った方が残っていく感覚です。



この方法の良いところは進化させた後に
そのまま強化する対象を変えずに続けられることです。

↑上記の方法で進化した直後。
強化する対象がセットされたままなので強化素材を選ぶところからスタートできます。


強化合成画面から出ずに最終進化させることが出来ますね。




順番


ところで進化合成画面では
進化素材にする方(いなくなる方)は自動で選ばれます。

進化素材が複数ある場合は
より若いページのより左上
に位置するカードが優先されます。

これはベースにするカードの方が右側にあっても同じです。



そのため↑のように

「せっかくレベルをMAXにしたのが無駄になる…」

と困ったことは誰しも1度はあると思います。

そういうときは

ソートの種類や昇順/降順を変える



もしくは

お気に入り登録



保管庫に移す
ことで素材の対象から外しましょう。



毛の生えたシリーズに戻る

人気ブログランキングに参加しています。

魔法使いと黒猫のウィズランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

女将さん

こんなブログです
ツイッターはコチラ
ニティアにアサギにヤネットが好きです。