デッキ構築 編


黒ウィズはデッキを作って自己満足するゲームだと思っています。

その為には手持ちの全ての精霊の性能を把握するのが理想です。

実際はそんな大変なこと出来ないし
よく使う精霊ばかり覚えがちなのでその都度確認するわけですが。


さて、初心者に毛が生えたぐらいの人向けに紹介したいのは大きく2つのやり方です。


①クエストに合わせる

1つ目は挑戦するクエストに合わせてデッキを作るやり方です。

その為にはクエストの特徴を把握する必要があります。

クエストは基本的に4戦で構成されているので、その中のどこに対策するかということです。

例えばダメージブロックを使う敵が出るとして
高火力で突破するのか解除スキルを使うのか。またはダメブロが切れるまで耐えるという選択肢もありますね。

鉄壁には連撃ASやSSの多弾魔術、毒など。


それが出来る精霊をまず決めて
残りの枠に入れる精霊で他の敵をカバーしましょう。

ここは②の方法と共通です。


また、序盤の敵の攻撃が緩いならチャージスキルを使ったりスキルやチェインを溜めます。

逆に序盤の攻撃が激しいなら初速の出る特効ASや大魔術SSで素早く倒すか
2t目に使える遅延、回復などのSSを使いましょう。




②相性の良い精霊を組み合わせる


2つ目は相性の良い精霊を組み合わせるやり方です。

例を挙げると

デッキの副属性や種族を揃える

これは潜在能力的にも有効な場合があります。


快調スキルや自傷スキルと継続回復



全体攻撃とダメージ強化



高チェインで効果値アップとパネルにチェイン付与や斬撃大魔術


パネルの色数で効果値アップとパネチェンや見破り



などたくさんありますね。
プレイヤーそれぞれで好きな組み合わせもあるでしょう。

ある精霊の良さを発揮させるためにフォローするか
欠点を補うためにフォローするかといった考え方で良いと思います。


潜在能力にも気を配れるとなお良いですね。

素の状態では極端にHPの低い精霊も


種族指定のある潜在能力によって大きく向上させることが出来ます。


自分のデッキを


大きく2つの組み方を紹介しました。

当然ですが②のやり方だとクリアできないクエストがあります。

一番良いのは①と②を同時に満たすデッキでしょうか。

とは言えサブクエまでクリアできればどんなデッキでも構いません。


自分で考えてデッキを組むようになると一段と楽しいと思います。

また、例えば誰かの紹介するデッキをそのまま真似できなくても
そのデッキの狙いさえ分かれば自分の手持ちで代替できる場合も多いです。



毛の生えたシリーズに戻る

人気ブログランキングに参加しています。
魔法使いと黒猫のウィズランキングへ
毛の生えたシリーズ
トラックバックURL: http://wizblogogami.blog.fc2.com/tb.php/120-baed1f8f