ノクトニア ストーリー


(注意)ネタバレしかしていませんのでストーリーを進めていない方は見ないことをオススメします。





中央本部ノクトニアポリス。

実装当時、「そこにあったの?!」と思った記憶があります。

ギルドのある町が西(とは限らない)に偏っているんですかね。


トルリッカからいくつもの町を移動して来ましたが、
今回のヴェルタ→ノクトニアが最も長い距離を移動しているようです。

移動中の事は語られませんが、
主人公が何を考えてウィズと何を話しているのか気になりますよね。


滞在日数の長さから、魔道士として最も成長したのはロレンツィオの時でしょうか。

しかしそれ以上にたくさんの異界での経験によるところが大きいと思います。

各イベントは時系列のどこでの出来事なんでしょうね。
別の異界にいる間はクエス=アリアスの時間が経っていないような気がします。



※ご存知だと思いますが、1枚のゲーム画像中の台詞は下から上に読みます。









仮面の人たち。
はじめはルベリの父が魔法で作った兵だと考えていました。

何も言わずに前を走る主人公、格好良すぎますね。








軽く目頭が熱くなりました。

イベントでのウィズはツッコミ役なことが多いので久しぶりに師匠の威厳を見ました。
(メアレスⅡの、あるワンシーンではその心の強さを見せましたけど)





お前マジか!と思いました。
そんな武空術を覚える前の悟空みたいな芸当を…。





バロンは運営やユーザーに散々ネタにされていますが、
やはり主人公やウィズを信頼する正義感の強い魔道士です。



アレクの戦いの強さを見たのは初めてですね。
主人公と同じ境遇ですから、ギルマスの中でも重要な人物だと思います。

クラヴィルが古い友と呼ぶのは恐らくアレク?という話で。そのうち語られるのでしょうか。





ロレッタは今までのストーリーやセレモニーでは引っ込み思案なだけという印象でした。

今回、バロンに対して悪戯心を働かせたのは面白かったですね。







初めてアイヴィアスを訪れた時にも主人公達と一緒に行けないことを嘆いていました。
今回オゥランディ、更にはノクトニアまで出てきたのは大きな決断だったのでしょう。

久しぶりに声を聞きましたが、美声ですよね。



ご、GWぶりです…。
色、取れましたね。



相変わらず美しいです。
その燭台のようなものはここまで持ってきたんですか?



これはそのうち主人公がやるな、と思っていた時期が私にもありました。


素直になりましたね!

風車の上で2人で話したとき、正直もう少し良いムードを期待したのですが。
甘い展開を期待したのですが。



マルガとの関係はどうですか?

主人公に紹介したドゥーガはもちろん、バロンとも面識があったんですね。

ベルナデッタとは面識が無かった、と。
バロンとベルナデッタ、オルネも初対面のようでしたね。



そう言えばここってウィズの家でしたっけ。
伍式での戦場ですよね…。


ちょっと笑いました。



キーラは本当に落ち着いてますが、やはりウィズとアナスタシアのことになると気が気じゃないようですね。



父親がルベリの手に鍵を残した以上、こうなることは想定できた訳ですよね。
タイミングが悪く、クォの思惑にはまってしまいましたが。

だからウィズの言ったようにここから挽回できるように努力すればいいし、
父親がルベリに託したことは失敗も含めてノクトニアや魔道士ギルドの将来なんではないかなぁと思いました。



風のタクトの魔獣島を思い出しました。



キーラでさえ最後に会ったのは半年前位ですからねぇ…
トーナメントでは会う(倒す)んですけど。



お久しぶりです。
何だか独特な服の質感ですね。厚そうと言うか…





最後の最後、敵の復活後の即死ダメージをウィズの起死回生魔法のお陰で耐える熱い場面。

でも私は思ってしまいました…。




ブーストかけてたから自傷ダメージで全滅するな、って…。




面子が変わっているのは2回目クリア時のスクショだからです。




私はこのノクトニアポリスのストーリーは人気イベントに引けを取らないレベルの出来だと思います。

過去にクリアしてきた通常ステージの町の思い出が詰まっているからというのも一因でしょう。


また、個人的に仲間が違う場所で活躍しているシーンが好きです。ザッピングシステムと言うんでしょうか。

そして最後に主人公の元に終結する…。
王道で熱い展開ですよね。


各ギルドマスターは強さ的に今までほんの一部しかクエストに連れて行けませんでしたが、
今回のL化・LtoL進化でまともに使える性能になりました。





泣かせますよね。



人気ブログランキングに参加しています。

魔法使いと黒猫のウィズランキングへ

ストーリーまとめ
トラックバックURL: http://wizblogogami.blog.fc2.com/tb.php/80-df65fed4